English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Raytek® TF150 サーマル・イメージング・システム

赤外線温度ソリューション

TF150 Thermal Imaging System for Thermoforming
主な特長 
熱成形専用温度監視システム
セットアップ時間の短縮
不具合を即座に検知
生産性の向上
スクラップの減少
製品ごとに設定とデータ・ファイルを定義可能
領域をカスタマイズし、熱画像に重ねて表示
領域内の温度を自動的に解析

製品概要

TF150 システムは熱成形時にヒータ温度を細かく調節し、成形ラインをループ制御し複雑な形状を安定的に生成する熱成形専用の温度監視システムです。異常温度が検出されれば、アラーム出力で、ヒーターをリアルタイムにフィードバック制御。即時の温度管理システムにより、廃品数が大幅に減少し、安定した成形ラインの稼動と品質確保が可能です。

近年の熱成形では、より複雑で微細な形状が要求されることが多く、加工業者にとっては、ヒータの細かい温度調節が不可欠です。TF150 は、ヒータの数にあわせ、表面温度を任意の数、任意の形状のセクタやゾーンに分割して管理でき、各セクタ/ゾーンに低温・高温アラームを設定することで、異常検出時に、アラームを出力。ヒータの該当箇所をリアルタイムに制御することで確実な品質管理システムが実現します。

TF150熱成形用システム・ソフトウェア

このソフトウェアは、カスタマイズ可能な領域とその領域の測定結果を各熱画像に重ねて表示します。たとえば100領域を表示できます(領域ごとのアラーム発生状況も表示)。高温アラームは赤で、低温アラームは青で示されます。こうした測定結果をPLCやSCADAへ出力することも可能です。また、部品を外れた領域(背景)に相当する熱画像の温度は無視することができます。