English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Thermal Profiling in Automotive Industry
IR Sensors in extrusion coating

レーザー樹脂溶着

レーザー樹脂溶着は、レーザーを用いて樹脂材料を接合するプロセスです。このレーザー樹脂溶着は、部品に対する熱的および機械的負荷が小さく、柔軟性が高いうえ、粉末や溶剤が不要なことから、自動車産業はもとより、医療および電子機器向けセンサ産業でも広く利用されています。

  • 概要
  • Featured Solutions
アプリケーションに必要なのは 

照射したレーザーは、上側の材料を通って、下側の材料に添加したフィラーなどの溶接材に吸収され、上下の材料を接合します。良好なレーザー溶接のもとで部品を製造するには、レーザー出力、接合する2つの材料間に加える圧力、そして時間が重要なファクタとなります。特に、接合部に高温あるいは低温な部分ができてしまい、これが溶接品質に影響を与える場合があります。低温な場所が生じるのは、レーザーの出力が不十分か、2つの部材間に大きすぎる圧力がかかっている場合です。一方、高温になるのは上下の部材が離れ過ぎていることに起因し、接合部にボイドが生じて、シール性を欠いた組立てになりかねません。このようなプロセスも、溶接の温度測定を行えば、その全溶接領域の温度マップを記録して管理することが可能です。

お客様のメリットは 
  • ThemoViewソフトウェアの関心領域(AOI)機能を用いれば、溶接部温度の確認や基準点温度との比較も可能
  • 溶接部に複数のAOIを設定して連続モニタリング
  • 温度マップを使って、製品品質に影響を与えるような接合部の高温・低温部を簡単に特定
  • 設定値を超えた場合には、アラーム用リレーを駆動
  • ソフトウェアと加工システムを完全に統合して、自動アラームの条件を設定
赤外線温度ソリューション
  • ThermoViewソフトウェアでは、インターフェイスを通じてプロセス制御機器に接続して同期入力を受け取り、合否式の出力、製品検査の実行、温度アラームおよびモニタリング、プロセス温度の保存が可能
  • それぞれの関心領域(AOI)に個別の放射率を設定可能なうえ、デジタルI/O機器へ受け渡すイベントやアラームのトリガ温度条件も任意に設定

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい