English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Profiling in Industrial Coatings

PTFEおよびダクロメット金属コーティング

耐熱コーティングを施すには、300℃を超える温度での硬化が必要になります。PTFEなどの耐熱コーティングは、台所用品や調理器具、アイロン、ヘアケア製品の製造で広く利用されています。こうした用途では、コーティングが高い動作温度に耐える必要があるうえ、多くの場合、製品に“こびりつかない”という機能性も求められます。その他、耐熱コーティング・プロセスには、耐熱ダクロメット(Dacromet)コーティングがあり、ボルトやナット、留め金具などに施し、自動車産業や建設業界でよく利用されています。

アプリケーションに必要なのは 

メーカーにとって、硬化プロセス全体を通じて製品の温度をモニタリングし、コーティング剤メーカーの指定する硬化条件(温度と時間)を満足していることを実証する必要があります。製品に対する適切なコーティング硬化条件は、そのコーティングが想定した機能を発揮するのを保証するうえで欠かせません。使用中の製品を保護したり、たとえばフライパンの焦げ付きにくさなど重要な機能を担うこともあります。

お客様のメリットは 
  • 適切な硬化を実現して製品品質を最適化するとともに、粘着問題を生じて不良率を高めかねない不十分な硬化を防止
  • 顧客が品質を認知するうえで重要な色やテクスチャ、光沢など製品の見栄えを管理
  • プロセスにおける低温部を正確に特定することが可能。ベルト幅方向に温度差が生じる可能性のあるフラットなメッシュベルト式オーブンにも対応
  • プロセスの温度設定を管理・最適化して、高い硬化温度で運用する場合の消費エネルギーを大幅に削減
温度プロファイリング・システム
  • TB5000-HT耐熱ボックスを備えた簡単操作のET3システムは、PTFE硬化プロセスのニーズに応える特別設計を採用
  • 工場内や工場間で持ち運べ、簡単かつ効率的に使えるポータブルな耐熱ボックスは400℃に90分間耐える
  • Insightソフトウェアには、プロセスモニタリングの基本的ニーズから、高度なプロセス最適化と検証にまで対応可能なオプションをご用意

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい