English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

高炉

高炉は、耐火物ライニングを施した大きな鋼鉄製容器の中で、鉄鉱石を溶鉄にします。原材料(鉄鉱石、コークス、石灰石)に焼結鉱も加えて、炉の上側から入れ、底部から非常に高温な空気を吹き込みます。

アプリケーションに必要なのは 

熱風炉の温度は、炉の燃焼と冷風の加熱具合、その両方をコントロールできるように決定します。出銑口から流す溶鉄やトーピード・カーの耐熱材摩耗をモニタリングするためにも、温度測定は必要です。また、視覚的に温度を確認して羽口の損傷も防がなければなりません。

お客様のメリットは 
  • それぞれの熱風炉の耐熱材温度を繰り返し測定
  • 制御室から視覚的にセンサ視野をモニタリング
  • トーピード・カーの保守計画を立てて、高コストな破損を避ける
  • 安全な距離を保ちながら、出銑口を出た溶鉄の温度を測定
赤外線温度ソリューション
  • LANベースのビデオ照準機能とウェブ・サーバを内蔵のEnduranceセンサで損傷をチェック
  • 屋外での設置やトーピード・カー外装に向けて最適化した応答波長のラインスキャナ
  • 溶融金属に対応のユニークな照準機能を備えた、簡単操作のポータブル・ユニット

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい