English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

連続鋳造プロセス

連続鋳造とは、溶融金属をビレットやブルーム、スラブと呼ばれる様々な形状に成形するプロセスです。このプロセスの直後に熱間圧延して最終的な棒鋼に整え、一定の長さに切断して、在庫したり、次の加工工程に直接送ったりすることもあります。

アプリケーションに必要なのは 

様々な理由から湯漏れが発生する可能性がありますので、プロセスの多数の場所で温度測定を行って、これを防がなければなりません。また、温度はプロセスの重要なパラメータとして、圧延や切断を行う前に、冷却スプレーの制御や最終温度、表面欠陥の管理にも用いられます。

お客様のメリットは 
  • 過酷な環境でも信頼性の高い温度モニタリングを実現
  • 蒸気でセンサ視野が遮られることもあるスプレー帯の温度を正確に測定
  • 不適切な温度管理による湯漏れを防止
赤外線温度ソリューション
  • 2色モデルでは最高95%の信号減衰も許容。測定結果に対する蒸気やダストの影響を防ぐ
  • 小型の光学式測定ヘッドと柔軟なケーブルは、アクセス困難な場所に最適
  • オプションの水冷ジャケットと一体型のエア・パージ用カラーでユニットを覆うと保護性能が向上し、物理的なダメージにも耐える

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい