English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

鍛造

鍛造では、合金を含めた金属に、2つの金型の間で圧力を加えて成形します。たとえば鋼の鍛造には、温度950~1250°C(1742~2282°F)で行う熱間鍛造、750~950°C (1382~1752°F)での温間鍛造、高くとも150°C (302°F)で行う冷間鍛造があります。

アプリケーションに必要なのは 

確実に適切な金属工学的特性を達成するには、再結晶温度と比較しながら金属の温度をモニタリングすることが非常に重要です。赤外線温度をフィードバックに使うと、加工設備(金型やローラ、プレス機、ハンマ)に対する損傷のリスクが軽減され、高コストなダウンタイムや保守費用も発生しません。

お客様のメリットは 
  • 正確な温度モニタリングによって、加工設備の損傷リスクを高めかねない金属の加熱不足や過加熱を防止
  • コストのかさむダウンタイムや大きな保守費用を抑制
  • 生産フローから取り除くべき過加熱な部品を特定し、最終的な製品品質を保証
  • 製品温度の均一性をモニタリングして温度勾配を最小限にとどめ、クラック発生のリスクを排除。製品の廃棄率が減少し、生産性は向上
赤外線温度ソリューション
  • 温度測定範囲の広さから、1台のセンサで冷間・温間・熱間の各鍛造アプリケーションに対応可能
  • 優れた光学解像度に加え、スポットサイズも正確に分かる(緑色LEDあるいは可視像の照準カメラ)
  • ガルバニック絶縁したI/Oチャネル内蔵で、システムの設置コストを軽減

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい