English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

鋳造

鋳物工場では、溶融金属を鋳型に注ぎます。その後、鋳型材の除去や凝固した鋳造品の取り出し作業を行います。一般的な鋳造方法には、砂型鋳造、インベストメント鋳物、ダイキャスト、ビレット(インゴット)鋳造などがあります。

アプリケーションに必要なのは 

鋳型に注ぎ込む溶融金属の温度は慎重に管理しなければなりません。そのため、鋳物工場では多数の場所で温度測定が必要になります。たとえば、取鍋を一定の温度限度にまで予熱しておけば、製品品質が向上します。また、溶融金属を鋳型に注いでいる間も、その温度が許容範囲に収まっていることをモニタリングする必要があります。さらに、取鍋の外殻をモニタリングして、耐火物ライニングから溶融金属が漏れ出るのを防ぎます。

お客様のメリットは 
  • 非接触温度測定なら、熱電対が不要
  • それぞれの鋳込み作業に対するトレーサビリティが実現
  • 精密な温度管理により鋳型寿命と製品品質が向上
赤外線温度ソリューション
  • ガルバニック絶縁した堅牢な入出力チャネルで、設置コストを軽減
  • 内蔵ビデオカメラの画像を制御室へ送信して、センサの照準が適切であることをリアルタイムに確認
  • クラス最高の4年間保証

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい