English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

溶融亜鉛メッキ及び焼きなまし

めっきと焼きなまし処理ラインでは、熱処理に加え、様々な合金ストリップ材に様々な亜鉛めっきを行います。

アプリケーションに必要なのは 

めっきや焼きなました鋼材の生産に際しては、亜鉛めっき層の適切な密着性や金属の焼きなまし具合を保証するため、非常に厳格な温度で加熱します。予熱・加熱・浸漬・冷却の各段階で金属の温度を測定して、適切な金属工学的特性を確保するのです。

お客様のメリットは 
  • 正確な温度測定によって帯鋼の金属工学的特性を向上
  • 産業分野の標準的な通信プロトコルの採用で、組込みコストを削減
  • 最終製品の品質トレーサビリティに向けた連続温度モニタリングT
赤外線温度ソリューション
  • 合金の変化に応じ、放射率のアナログ入力あるいは放射比制御によるリモート温度補正
  • 測定スポットサイズが小さく、狭い領域も最適に温度測定
  • フィールドバス通信(Profinet、Ethernet)対応で、工場の集中管理アプリケーションに応える

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい