English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

高温熱処理

熱処理は、金属の物理的特性を変えるために用いるプロセスです。その熱処理には焼きなまし、焼きならし、焼き入れ、焼き戻し、時効硬化、固溶強化などがあります。

アプリケーションに必要なのは 

熱処理サイクル全体のモニタリングと制御を行って、金属工学的に最適な特性を備えた最終製品に仕上げ、その熱処理した部品が安全に扱える温度になったかも判断します。焼入れ中の表面温度を測定できるようになっていることが、このプロセスにとって欠かせません。

お客様のメリットは 
  • 連続測定によるトレーサビリティの確保
  • 安全な作業環境を維持して、ケガから守る
  • 廃棄率を削減し、歩留まりを向上
  • 熱処理炉の最適化
温度プロファイリング・システム
  • 専用のInsight™ソフトウェア・パッケージを使って、AMS2750EおよびCQI-9熱処理仕様への準拠を
  • 特別設計の堅牢なシステムとして、焼入れ(ガス/水/ポリマー)を含めて最高1300℃までの加熱プロセスにおいて製品温度をモニタリング
  • リアルタイムな無線テレメトリー機能を備えたTP3データロガー1台で最大20カ所を測定し、熱処理サイクルの明確な温度検証が可能
赤外線温度ソリューション
  • アナログ入力あるいはフィールドバス通信によって、背景温度補正とリモートでの放射率調整を同時に実行
  • 現場で交換可能な開口窓は再較正不要。さらにクラス最高の4年間保証
  • 最低50°C(122°F)の温度まで測定可能(短波長のEndurance 3Mモデル)

資料などの情報

アプリケーション資料 
サクセスストーリー 

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい