English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

熱間圧延

金属加工における圧延とは、最高1300°C(2400°F)に予熱した金属の素形材をローラに通し、薄く引き伸ばす成形プロセスです。たとえば熱間圧延工程には、予熱炉、スケール・ブレーカ、粗圧延機、仕上げ圧延機、冷却ラインなどが設けられています。

アプリケーションに必要なのは 

再結晶温度と比較しながら温度をモニタリングして、製品の均一性を確保します。

お客様のメリットは 
  • 製品(スラブやビレット)の温度をモニタリングし、その温度プロファイリング結果に基づいて炉の数学的制御モデルを検証
  • スポット型赤外線放射温度計を用いて温度の均一性を実現し、圧延ローラの摩耗や傷を抑制して過剰な保守コストの発生を防ぐ
  • 赤外線スキャナによって表面欠陥を見つけ出し、製品品質の問題や廃棄コストの増加を防止
  • 最適なプロセス効率を維持して、最小限の消費エネルギーで最大限の生産性を実現
赤外線温度ソリューション
  • ユニット1台で、広い測定温度範囲に対応し、熱間圧延の各ステージのニーズに応える
  • 耐久性のある保護等級IP65(NEMA4)のステンレス鋼ハウジングは、冷却アクセサリを合わせて使用すれば、圧延工場のなかで最高315°C(600°F)という環境温度に耐える
  • ガルバニック絶縁したI/Oチャネル内蔵で、圧延システムの設置コストを軽減

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい