English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

棒材及び線材

製鋼所で製造される鋼のビレットやブルームなど素材は、棒線材圧延機によって棒材や線材に成形されます。一般的には、550°C~900°C(1022°F~1652°F)の温度で加工され、最終製品である線材をコイル状に巻き取ります。

アプリケーションに必要なのは 

棒材や線材の圧延アプリケーション(線材をコイル状にまとめる)で重要な要素の1つが、プロセスの温度をモニタリングすることです。これが最高品質の製品を保証するうえで欠かせない要件となっているのです。また、生産速度(生産量)の向上やエネルギ・コストの抑制、ダウンタイムの短縮に対する要求も高まっており、高度な温度測定やデータ通信技術(OPC/Ethernetなど)が求められます。

お客様のメリットは 
  • 高精度な温度測定ツールによって、ビレットやブルームから最終製品まで、全プロセスにわたる温度を監視・追跡
  • コイル状の線材を撮影したサーマル・イメージに基づき最終部品を分析
  • 連続的な温度モニタリングで、設備の運用寿命(アライメント調整も含め)を最大化
  • 赤外線温度測定を用いて、コイルの終端とのアライメントを維持し、ケガや損傷のリスクを最小化
赤外線温度ソリューション
  • 赤外線ラインスキャナをOPC接続でプロセスの制御システムに統合(リモート設定機能)
  • 加工中の線材に追従する可動ゾーン/セクタ機能を備えたソフトウェア
  • 最小スポットサイズ2mmで、高速かつ高解像度に温度を測定

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい