English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors in extrusion coating

押出キャストフィルム

キャストフィルムは、一般に包装産業で利用されるほか、押出コーティング加工におけるコーティング材としても利用されています。キャストフィルムの押出プロセスでは、幅の広いダイを通して薄いシート状に溶融樹脂を押出し、金属のキャスティングロール上で冷却します。

キャストフィルムの製造では、樹脂を溶融させ、スロットやフラットダイを通して(押出して)薄い溶融樹脂フィルムを成形します。このフィルムを、エアナイフや真空吸着によって冷却ローラの表面へ引き取ると、即座に固化します。そして、一連の冷却ローラに通した後、エッジをトリミングして、ロール状に巻き取ります。加工機のなかには、多数のフィルムを押し出して、最終的に多層フィルム製品にできるものもあります。

 

アプリケーションに必要なのは 

適切な厚さや均一な仕上がりを保つよう制御するには、温度モニタリングが有効です。非常に薄いフィルムの測定には、特定の狭い波長域に対する応答性が赤外線センサに求められます。フィルムの背後にある高温な物体からの放射が透過してくることがあり、これによる温度の測定誤差を防ぐため、センサの分光特性がフィルム材質の吸収波長域に一致していなければなりません。厚さ0.25mm以下のほとんどのフィルム材は、波長3.43µmか7.9µmのいずれか、あるいはその両方で赤外線の透過がゼロに近くなります。

確実に押出ダイの温度と制御ローラの温度を均一に保つとともに、フィルムの損傷を検知するには、ダイの“ボルトヒータ”の問題を検出する必要があります。

お客様のメリットは 
  • オーブンや乾燥機の温度ではなく、製品の温度を直接測定
  • スポット温度計を使って、流れていくフィルムの温度を測定して最終製品の品質を最適化
  • ダイのボルトヒータの問題を早期に検出
  • フィルム厚さと引張強度の均一性を実現
  • 表面仕上げの均一性を高め、最終的なフィルム形状の安定性を向上
赤外線温度ソリューション
  • 専用波長モデルP3(3.43µm)とP7(7.9µm)によって、非常に薄いプラスチックでも、低温(P3では最低25℃、P7では最低10℃)まで高精度に温度測定
  • 一つの製品シリーズにP3とP7の波長域モデルがあり、ほどんどの一般的プラスチック材料に対応できる
赤外線温度ソリューション
  • レーザー内蔵でアライメント調整が簡単
  • OPCサーバとHTTPサーバ機能を備えたソフトウェアによる簡単な設定で、多数のラインスキャナをLANを介して1台のPCに接続できる
  • それぞれのラインスキャナには、現場で交換可能なスペアの測定窓が付属

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい