English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Compact MI3 IR Sensor

Raytek® Compact MI3

赤外線温度ソリューション

MI3 Infrarotsensor
MI3M Kommunikationsbox
Raytek MI3 Verteilerbox
Raytek MI3 eigensichere Spannungsversorgung für explosionsgefährdete Bereiche
Raytek MI3100 Messkopf
Screenshot von der DataTemp MultiDrop-Software
主な特長 
の測定レンジ -40 ~ 1800°C
工業用OEM
マルチインターフェイスで1台で8本までセンサ使用可
5桁バックライトLCDディスプレイ
冷却なしで120°Cまでの温度環境で使用可能
IP 65 準拠
USBインターフェイス標準

製品情報

Raytek MI3デジタル赤外線温度計は、非接触な連続温度モニタリングにおける高い性能と革新性を体現した新世代の製品として、幅広いOEMアプリケーションや製造プロセスにお応えします。それぞれのMI3 赤外線温度計は、超小型センサヘッドと分離型の通信機器による2ピース構成のシステムとなっています。特に、この超小型センサヘッドはどんなシステムにも組み込むことができ、もっと大型のセンサを性能面でも上回ります。そのため、Raytek MI3はクラス最高レベルの有用性をもった赤外線温度センサです。

このデジタル赤外線温度計のOEMMI3バージョンでは、通信ボックスを設けることなく、上位の機械制御装置と直接デジタル通信が可能です。

複数のセンサヘッドに対応した革新的なインターフェイスを使えば、1台の通信ボックスに最大8本のセンサを接続して、それぞれにアドレスを割り当てることが可能です。そのため、センサのコストを削減でき、センサの設置やアプリケーションの不具合対応も簡単になることから、測定点あたりの費用を最小限に抑えることができます。

可燃性のガスやミスト、蒸気が存在する、あるいは粉塵爆発の可能性があるなど、運用環境が爆発性雰囲気だということがあるかもしれません。そうした場合には、ATEX/IECEx適合のRaytek MI3センサを使えば、安全に正確な温度モニタリングが行えます。MI3およびMI3100の標準センサヘッドはすべて、ATEX/IECEx適合オプションを指定してご注文いただけます。なお、特別にEx防爆仕様とした電源は、1台で2本のセンサヘッドに利用できます。

MI3赤外線温度計には、便利なDINレール取付パッケージもご用意しています。標準仕様としてUSBデジタル通信を、またオプションとしてRS485・Profibus・Modbus・Profinet・Ethernetによる通信をサポートしています。DINレール取付用の通信ボックスも、最大8本のセンサヘッドに対応でき、ガルバニック絶縁した4チャンネルのアナログ出力を備えています。

機種 / 応答波長 測定温度範囲 光学分解能 用途
LTS
8~14 µm
-40°C~600°C
2:1, 10:1, 22:1
印刷、コーティング、ラミネート加工、乾燥/硬化、紙、食品、繊維、カーペット、プラスチック・シート、アスファルト、医薬品
LTS
8~14 µm
0°C~1000°C
2:1, 10:1, 22:1
同上
LTH
8~14 µm
-40°C~600°C
10:1, 22:1
同上
LTH
8~14 µm
0°C~1000°C
10:1, 22:1
同上
LTF
8~14 µm
0°C~1000°C
10:1
同上
G5
5 µm
250°C-1650°C
10:1
ガラスの曲げ加工、強化処理、アニール処理、封止処理での表面温度
1M
1 µm
500°C~1800°C
100:1
半導体、鍛造、焼き入れ、溶融ガラス
2M
1.6 µm
250°C~1400°C
100:1
鉄・非鉄金属、未酸化の金属、めっきライン、鋼材のアニール処理