English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR sensors in metal processing

Raytek® Thermalert® TX

赤外線温度ソリューション

主な特長 
-18~2000℃までの測定温度範囲を網羅
業界標準2線伝送式対応で、簡単設置
4~20mAおよびデジタル出力を同時使用(TX―Sモデル)
コンパクトながらIP65の頑強ボディ
平均値・バレーホールド/ピークホールドで、高度な信号処理を実現
1:1又は1:n通信が可能
1:n通信では、1ネットワークに最大15台のセンサを接続
PCで遠隔制御・モニタが可能
低中高温タイプに加え、低温・中温・高温・ガラス用など
遠隔照射/小スポット設計
350ミリ秒の高速応答
冷却アクセサリ/エアパージ各種をご用意
防爆モデル可ー標準バリアモデルと互換性あり

製品情報

生産ラインの高速デジタル制御に貢献
簡易2線伝送式TX

新たなマイクロ機械加工を施したサーモパイルデテクタ採用。小型で高速の2線式スマートセンサが回路一体型として登場。マルチドロップ方式でネットワークにも組み込め、ユーザーの望みどおりの仕様に対応できるカスタム仕様。フレキシブルな2線伝送式です(HARTプロトコル採用)。
 

生産工場で標準の2線伝送機能

お客様の用途にあわせて、スタンダードタイプのTX-Cと、ソフトウェアによる遠隔操作で制御可能なTX-Sモデルの2機種を用意しております。スタンダードモデルのTX-Cは、測定精度、再現性、応答速度などのいずれにおいても、通信機能をもつスマートモデルTX-Sと変わらない優れたパフォーマンスをもっています(温度範囲・出力レンジは固定)。放射率調整は、センサ内のスイッチで、手動式でおこなえます。

4~20mA出力に加えデジタル通信機能も

TXは4~20mA出力に加えデジタル通信機能も備えたスマートセンサ。遠隔操作による制御や分析が可能であり、通信ネットワークには、最大15台のセンサを接続することができます。

Windows版ソフトウェアDataTemp Multidrop

通信ソフトウェアとしては、Windows版ソフトウェアDataTemp Multidropをご用意。「使いやすさ・見やすさ」を徹底的に追及した画面設計で、温度制御・監視が思いのまま。取得した測温データはそのまま温度記録として保存できるだけでなく、テキスト出力により、エクセルなどのアプリケーションで分析したり、信頼度の高い工程測温管理記録として活用していただけます。DataTemp Multidrop(データテンプマルチドロップ)なら、現場での更なる品質の向上を確実にサポートします。

また多様な出力レンジに加え、放射率調整、動作環境温度チェック機能、カスタム設定によるアラーム出力も備えています。平均値・高度なピークホールド/バレーホールド設定機能により、複雑で多様な生産工程が一元管理でき、しかも非接触ならではの正確・清潔・高耐久な測温が実現します。

モデル / 対応波長 T測定温度範囲 光学解像度 用途
TX LT
8~14 µm
-18°C~500°C
33:1
印刷、コーティング、ラミネート加工、乾燥/硬化、紙、食品、繊維、カーペット、プラスチック・シート、アスファルト、医薬品
TX MT
3.9 µm
200°C~1000°C
33:1
 金属加工, 焼成炉, 耐火炉, ガラス表層
TX HT
2.2 µm
500°C~2000°C
60:1
鉄・非鉄金属, 誘導加熱, 金属加工, 実験・研究
TX G5
5 µm
250°C~1650°C
33:1
ガラスの曲げ加工、強化処理、アニール処理、封止処理での表面温度
TX P7
7.9 µm
10°C~360°C
33:1
ポリエステル(PET)、フッ素樹脂、テフロン、アクリル、ナイロン(ポリアミド)などのフィルムの製造や加工