English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Metal Heat Treating

1050°Cまでの金属熱処理用 Datapaq ファーネストラッカー

お客様の製品温度とプロセス温度を均一にコントロール

プロセスの謎を解明

  • プロセス仕様への適合
  • スループロセス温度監視による品質と生産性の最適化
  • プロセス内部からのリアルタイム無線テレメトリによるデータの迅速な分析

最大 1050°C のプロセス向けに設計された Datapaq ファーネストラッカーシステムでは、TB40 または TB49 熱バリアシリーズを備え、ほとんどのコンベア式炉およびバッチ炉の内部からの信頼性の高い正確な温度プロファイルが可能となっています。

  • 概要
  • 技術仕様
  • アプリケーション
  • Online Booking
  • アクセサリ
  • 関連情報

Datapaq TP6 データロガー、熱バリアの選択 (Datapaq TB40 または TB49)、熱電対、直感的な Insight™ ソフトウェアが含まれた Fluke Process Instruments の金属熱処理用 Datapaq ファーネストラッカーは完全なソリューションです。

Datapaq TB40 シリーズの熱バリアを装備したファーネストラッカーシステムは、最大 800°C で運転されるコンベヤ式炉またはバッチ炉での使用向けに設計されています。これを超える温度でのプロセス用として使用できる TB49 シリーズでは、フローティング板と新種材料の使用によって 1050°Cまでの使用を可能としています。

データロガー

Datapaq TP6 は、要求の高い高温プロファイリング用途に完璧なソリューションです。316グレードの機械加工ステンレス鋼ケースを使用し、保護等級は IP67 となっています。Datapaq Insight™ または Datapaq Insight Furnace Surveying ソフトと併用すれば、オプションの 無線周波数 (RF) システムまたは標準的な USB/Bluetooth 接続を介してデータロガーからの情報をリアルタイムで表示することができるようになります

  • 10および20件のチャンネル設定と2件のケーススタイルが可能です
  • 防水性 (保護等級 IP67)
  • USB または Bluetooth による通信
  • USB、RF テレメトリおよび Bluetooth によるリアルタイム テレメトリ
  • アルカリ、NiMH、リチウム電池を選択可能
  • モバイル用途向け Datapaq Insight™ との互換性on

熱バリア

800°C までのプロセスを通過する間、安全な運転温度でロガーを維持するため、Datapaq TB40 シリーズの熱バリアは、2つのステージで作動します。1つめのステージでは、頑丈なステンレス鋼製のケース内部に設置されている微孔性セラミックによる断熱層が温度から保護します。2つめのステージは、相変化材料によるヒートシンクです。ここでは、データロガーへの熱伝導をさらに低速化させます。

Datapaq TB49 シリーズでは、長年培ってきた設計経験と先端材料についてのノウハウを組み合わせ、炉内を通過する際のデータロガーにおける保護機能を最大化しています。微孔性断熱層と相変化性ヒートシンクをバランスよく組み合わせることによって、非常に長いプロセス内であってもデータロガーは最大作動温度以下に保たれます。TB49 シリーズは、熱処理プロセスにおけるアルミ製品および鋼製品の温度プロファイリングに適しています。また、1050°C までの温度均一性サーベイ (TUS) にも一般的に使用されます。

ソフトウェア

Furnace Insight™ ソフトウェアは全て、生データを有益な情報に変換し、使用できるように設計されています。これら3つの全てのソフトウェアオプションでは、わかりやすいユーザーインターフェース、コンテキスト依存のヘルプ画面、初心者向けアシストウィザードが使用できます。言語やメール結果はボタンにタッチするだけでソフトウェアから直接変更することができます。ソフトウェアから直接言語を変更し、結果をメールで送信できるため、PC またはモバイルデバイスを使用して、世界中のプラント間で情報を共有できるようになります。

Datapaq TP6 データロガーと Datapaq TB40 および TB49 熱バリアの互換性

モデル番号
TP6116 / TP6116-TM
TP6216 / TP6216-TM
チャンネル 
 10
 20
温度レンジ
-100 ~ 1370°C
( 熱電対のタイプ K)
接続性
USB または Bluetooth*
メモリ容量
データポイント 400万件
トリガー 開始/停止
なし (自動)、マニュアル、温度上昇/降下、時間ベース
サンプリング間隔
テレメトリなしの場合 0.2 秒 ~ 50 分
RF テレメトリの場合 2 秒 ~ 50 分
精度  
± 0.3 °C – タイプ K
分解能
± 0.1°C
熱電対のタイプ
タイプ K (J、N、T、R、S、B が使用可能です)
マルチラン能力
PC へ戻る前に最大 10 件のプロファイルを実行します

*RF テレメトリおよび Bluetooth の使用可能性に関しては、各国の Fluke Process Instruments までお問い合わせください。

Datapaq TB40 熱バリアシリーズ

Datapaq TB40 Thermal Barrier features

  1. 頑丈なステンレス鋼構造、等級 304
  2. 補強されたハンドル
  3. 温度保護を最大限に向上させる微孔性断熱材
  4. メンテナンスコストを低減する交換可能な磨耗ストリップ
  5. 熱処理時間とバリアパート番号を表示するライナー(レーザーエッチング加工済み)
モデル番号
TB4005
TB4012
TB4033
寸法
125 x 248 x 504 mm
170 x 297 x 526 mm
300 x 406 x 593 mm
重量
12 kg
20 kg
43 kg
データロガー
TP6116 / TP6116-TM (と互換性もあります DP5660 / DP5660-TM)
最大作動温度
800°C

Datapaq TB49 熱バリアシリーズ

Datapaq TB49 Thermal Barrier features

  1. 頑丈なステンレス鋼構造、等級 304
  2. フローティング板および変形を最小化するためにRを付けたコーナーとエッジ
  3. 長年の使用後にも識別しやすくするためのレーザーカットモデル番号
  4. メンテナンスコストを低減する交換可能な磨耗ストリップ
  5. 熱処理時間がわかりやすく表示されたレーザーエッチング加工済みライナーによってオペレータによる使用時間の確認を可能に
  6. 頑丈かつ調整可能なキャッチによって、手袋をはめた状態での簡単操作を可能に
モデル番号
TB4915
TB4938
TB4933
寸法
104 x 247 x 529 mm
217 x 291 x 522 mm
300 x 406 x 613 mm
重量
12.6 kg
26 kg
44 kg
データロガー
TP6116 / TP6116-TM (と互換性もあります DP5660 / DP5660-TM)
最大作動温度
1050°C

温度性能

Datapaq TB40 Thermal Barrier performance

Datapaq TB49 Thermal Barrier performance

大半の用途では、環境条件や炉内のプロセスパラメータ(温度、時間、雰囲気等)に応じて熱バリアを選択します。様々なデータロガーやソフトウェアオプションも使用可能ですが、熱バリア選択に比べると影響力は劣ります。

Datapaq TB40 熱バリアシリーズ

Datapaq TB40 シリーズの熱バリアは、最大作動温度 800°C (1472°F) までの使用を可能としています。これは稀および要求のあまり高くないプロファイリング用途に使用します。同シリーズ製品は弊社で最も低価格なソリューションです。典型的な用途:

Datapaq TB40 Application

  • コンポーネントおよび素材のメッシュベルト式応力除去
    様々な形状のコンポーネントの支配断面を均等に熱処理し、限界温度を維持します
  • バッチ式およびコンベヤ式炉の検査
    コミッショニング中またはメンテナンス後の立ち上げの際に、炉内の正しい温度分布を確認し、製品品質問題の発生やコストのかかる再処理のニーズを低減します
  • 析出硬化 (エイジング)、ステンレスおよびアルミの焼き戻し
    プロセス内でのプロファイリングによって、炉全体を通じた所定パラメータの維持と製品表面とコアの温度の正確な時間評価を助けます

Datapaq TB49 熱バリアシリーズ

Datapaq TB49 シリーズの熱バリアは、最大作動温度 1050°C (1922°F) までの使用を可能としています。これは大半の用途における通常のプロファイリングに使用します。同シリーズ製品は最も人気のある多様なソリューションです。典型的な用途:

Datapaq TB49 Application

  • コンポーネントと素材のメッシュベルト式焼きなましおよび硬化
    TB40 シリーズよりも高度の温度を測定できるこれらの熱バリアは、コア温度の維持と硬化および焼きなましプロセスにおける安全要件の厳守に使用します
  • バッチ式およびコンベヤ式浸炭プロセスにおける測定
    硬化層深さと硬度は雰囲気およびコンポーネントの正確な表面温度制御に依存します。このため、TB49 ではフローティング板の設計と新種材料の選択によって変形と腐食に対する耐性が高められています。
  • バッチ式およびコンベヤ式炉の検査
    高温が求められる場面で
特殊ソリューションおよびカスタムソリューション

Fluke Process Instruments の経験豊富なエンジニアリングチームが、-40°C から 1350°C まで の温度レンジでの様々な用途向けに多数の熱バリアをご用意しています。このため、お客様のニーズに合った完璧なソリューションの設計が可能となっています。 カスタム使用の Datapaq 温度プロファイリングソリューションに関する情報をご希望の場合には、弊社までご請求ください。

無線テレメトリリンク

Radio telemetry accessory

Datapaq TP6 無線テレメトリシステムは、高温無線周波数技術を使用しており、データロガーからのリアルタイムでのデータ伝送を可能とします。システムがプロセスを通じて移動することから、製品およびプロセス温度データの表示、分析、報告が即時行なえます。この技術は工業用加熱用途における主要な温度プロセスの監視に使用できます。

熱電対、ミネラルウールによる断熱、タイプ K、1.6 mm/径0.06、Nicrobell™ シース

作動レンジ 0 ~ 1250°C。データロガーへの直接接続される小型高耐熱プラグで固定されています。

  • PA0710  1 m
  • PA0711  2 m
  • PA0715  5 m
  • PA0717  10 m
高速反応な露出ジャンクション型熱電対

タイプ K ガラス繊維編組 (高耐熱ワニス)、0.2 mm/0.008 インチ (32 AWG) 一本鎖ワイヤー。精度 ±0.4% または ±1.1°C (2.0°F)。ANSI MC96.1 (特殊制限)。最大間欠温度 700°C 、最大連続温度

  • PA0830  1 m
  • PA0831  2 m
  • PA0832  3 m
熱電対、ミネラルウールによる断熱、タイプ K、1.0 mm/径0.04、Inconel™ シース

作動レンジ 0 ~ 1000°C。小型高耐熱プラスチック製プラグで固定されています。

  • PA0923  0.5 m
  • PA0920  1 m
  • PA0921  2 m
  • PA0922  3 m
熱電対、ミネラルウールによる断熱、タイプ K、1.0 mm/径0.04、Nextel シース

プラスマ窒化用途向け。10 個のセラミック製インサート付き、ワークピースへの挿入用。

  • PA1563  0.5 m
  • PA1560  1 m
  • PA1561  2 m
  • PA1562  3 m
ファーネス試験用サーモカップル: ミネラルウールによる断熱、タイプ N、直径 2.0 mm/0.08 インチ

最大作動温度 1250°C。小型高耐熱プラグによる終端。AMS 2750 表 1 に準拠したキャリブレーション。

  • PA1580  1 m
  • PA1581  2 m
  • PA1582  3 m
弊社のプロファイリングシステムについてご相談ください