English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

SolarPaq  Thermal Profiling System

Datapaq® Solar Tracker®温度プロファイリング・システム

Thermal Profiling Icon

温度プロファイリング・システム

SolarPaq-System für Antireflexbeschichtung
主な特長 
高精度な結果を繰返し取得して、プロセスを最適化
プロセスの段取りとスループット調整で時間とコストを削減
オーブン性能の変化を素早くグラフ表示して、ダウンタイムを削減
歩留まりを犠牲にすることなく、生産セルの効率とスループットを最大限に
生産に用いる実プロセスの状態をレポートとして取得

製品情報

SolarPaq®温度プロファイリング・システムは、太陽電池(PV)製造での利用に特化して設計されています。このシステムは、ユーザーフレンドリーなInsightソフトウェア、 Datapaq® Q18データロガー、ステンレス鋼製の耐熱ケース、PTFEまたはミネラルウールで断熱した熱電対、アクセサリで構成されており、最大限の歩留まりを引き出すのに必要なツールをご提供します。

Datapaq Q18データロガーは、堅牢で信頼性の高い高精度なデータ収集回路に加え、見やすい状態表示ランプとインテリジェントなバッテリ管理システムを搭載しています。さらに、スタート/ストップ・ボタンや時間/温度トリガのほか、300,000点のメモリ容量を備え、-200℃~1370℃におよぶ広範な温度を測定可能です。

CiGSパネル成膜用SolarPaqプロファイリング・システム

CiGS太陽電池パネルの成膜プロセスに向けたSolarPaq温度プロファイリング・システムは、その真空成膜プロセスを通して、ガラス基板をモニタリングします。システムの中核であるDQ1840データロガーは、ステンレス鋼削出しの厚さわずか9mmの筐体に収められており、すべてのLEDとボタンを突起となることが無いように設けてプロセス中の熱から保護しています。

このシステムは、プラズマ励起をともなう場合でも真空一貫プロセスを通過させて、ガラス基板上の最大4カ所における温度プロファイルを測定します。ユニークな反射プレートによる耐熱ケースと合わせて、通常の生産フローを止めることなく利用できるようになっています。詳しい情報とシステム仕様は、CiGSパネル成膜用SolarPaqパンフレットSolar Tracker® Insight Anti-reflection Coatingの標準レポートサンプルをダウンロードください。

ラミネーション工程用SolarPaqプロファイリング・システム

真空ラミネーション工程向けDatapaq SolarPaq温度プロファイリング・システムは、熱電対を引き回したり、ラミネーション装置に損傷を与えるリスクを負うことなく、温度モニタリングを簡単かつ迅速に行えるソリューションです。データロガーとその熱電対を、モニタリングするシートとともにラミネーション装置に載せます。このシステムがラミネーション装置を通過して出てくれば、温度プロファイルの情報をダウンロードして分析できます。

詳しい情報とシステム仕様は、レミネーション工程用SolarPaqのパンフレッとSolar Tracker® Insight Laminationの標準レポートサンプルをダウンロードください。

反射防止膜成膜用SolarPaqプロファイリング・システム

反射防止膜の成膜プロセス向けSolarPaq温度プロファイリング・システムは、そのプラズマ成膜プロセスに通すことで、太陽電池(PV)セルの温度プロファイルをモニタリングします。費用のかかるセル・キャリアの改造をしなくても干渉はありません。

詳しい情報は、反射防止膜成膜用SolarPaqのパンフレットをダウンロードください。

電極乾燥プロセス用SolarPaqプロファイリング・システム

このユニークな電極乾燥プロセス向けSolarPaq温度プロファイリング・システムは、隙間わずか10mmのオーブンにおける温度プロファイルのモニタリングに利用できます。高密度で低背な新しDQ1840温度データロガーを採用したことで、耐熱ケースの必要性を軽減し、迅速かつ簡単に乾燥プロセスを最適化できます。

詳しい情報とシステム仕様は、電極乾燥プロセス用SolarPaqのパンフレットをダウンロードください。

電極焼成プロセス用SolarPaqプロファイリング・システム

電極の焼成プロセス向けSolarPaq温度プロファイリング・システムでは、全く新しい熱電対プローブのクランプ方式を採用し、接着やテストピースを準備することなく生産セルの高精度な繰返し測定を可能にしました。太陽電池セルをキャリアに挿し込み、必要に応じて特別設計の熱電対を所定の位置にスライドさせます。

この方法なら、高精度で繰返し性のある結果が確実に得られ、あらゆるプロセスの最適化プログラムの基礎として活用できます。詳しい情報とシステム仕様は、電極焼成プロセス用SolarPaqのパンフレットとSolar Tracker Insight Contact Firing の標準レポートサンプルをダウンロードください。