English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Food Tracker System

肉類・魚介類の加工

食品産業では、消費者がすぐに食べられるように付加価値を高めるため、食材にさらなる加工を施すことが大きなビジネスとなっています。HACCPによる食品安全規制が厳しく課されており、肉や魚介類の加工では消費者の食の安全性と品質を確保するうえで、その調理プロセスが最も重要です。

そうした食品の調理は、多くの様々な方法で行われます。たとえば焼く・蒸す・揚げるなどの調理方法に対してバッチ式や連続式オーブンが利用されていますが、いずれの方法でも大切な温度をモニタリングして、プロセスの管理状態を検証し食品の安全性を証明する必要があります。そのほか食品加工に関わるものとして、安全な食べ物を実現するための冷蔵・冷凍による製品の保存プロセスのモニタリングも決定的に重要です。

  • 概要
  • Featured Solutions
  • 関連情報
アプリケーションに必要なのは 

肉や魚介類のあらゆる加工に対して、大半のHACCP手法が最も重要な必須管理点(CCP)として定めているのは、調理中はもとより、冷蔵・冷凍プロセス中の製品の内部温度です。

食品の安全性を検証するためには、危険性のある細菌などの死滅に必要な時間にわたって安全な調理温度を経ていることが、その加工設備の統計的なデータから証明できなければなりません。また、こうした規制の一部として、すべての食品/プロセスについて毎年プロセスの検証を行って、その製品が安全であることを証明する必要もあります。この承認を獲得するには、すべての調理プロセスを通じて、製品の中心(もっとも低温な部分)で取得した温度プロファイルが欠かせません。

お客様のメリットは 
  • 調理や冷蔵・冷凍プロセスにおいて、CCPとして重要な食品内部の温度を高精度にモニタリングし、食べ物の安全性をHACCP制度に従って検証
  • 毎年プロセスを高精度かつ効率的に検証して、継続的な生産体制を保証
  • 温度と時間を制御しながら加工効率を改善して、生産性や燃料効率、歩留まりを向上
  • 新しい製品やプロセスを素早く的確に最適化して、新製品を素早く市場に投入
温度プロファイリング・システム
  • 高精度な8チャンネルのデータロガーMultiPaq21は、保護等級IP67に対応し、効率的なプロセスの検証に最適 ― 食品産業での利用に向けた専用設計
  • 特殊な用途のニーズに応えるよう設計した耐熱ボックスをラインナップ。たとえば短時間の高温な焼き調理、長時間の蒸し調理、素早い揚げ調理などに対応
  • 総合的な機能を備えたFood Tracker Insight™ソフトウェアで高度な計算を行い、殺菌率を評価して食品の安全性を実現

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい