English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Food Tracker System

Datapaq Food Tracker®温度プロファイリング・システム

Thermal Profiling Icon

温度プロファイリング・システム

Food Tracker System
Datapaq FoodTracker System Softwarebild
Multipaq21 Temperatur-Datenlogger
Food Tracker System Hitzeschutzbehälter
主な特長 
要求の厳しい食品加工アプリケーションに向けた、高精度で信頼性の高いHACCP対応の温度プロファイリング・システム
保護等級IP67の防水データロガー(6または8チャンネル)
データの取出しを行わずに、最大8回の測定結果を保存可能
耐熱ケースを総合的にラインナップして、様々なプロセスのニーズに対応
高機能ながら簡単に使えるInsight分析ソフトウェアには、プロセスの殺菌効果の計算機能も
交換可能な熱電対で、様々な製品に対応可能
アプリをダウンロード: 

PaqFile Viewer

Download from the iOS AppStore Download from GooglePlay

製品情報

Datapaq Food Tracker®温度プロファイリング・システムは、データロガーと保護用の耐熱ボックス、Insightソフトウェアで構成されています。このDatapaqシステム1台で、調理済みの肉類やパン製品、 惣菜などの品質と安全性が保証できます。

Datapaqシステムは、最も過酷な環境にも耐えるよう設計されており、食品とともにオーブンや冷凍機を通過させながら、その食品の温度を完全に記録します。固定式オーブンでもコンベア式オーブンでも、またスチーム調理器や深いフライヤーから噴射冷凍機まで、調理/冷凍の全サイクルで食品の温度をモニタリングできます。

詳しい情報とシステムの仕様は、 Food Trackerシステムのパンフレットをダウンロードください。

Food Tracker Insightソフトウェア

Insightソフトウェアを使って、温度測定の生データをそれぞれのプロセスに関する有意な情報へと変換します。また、プロセスの状態をレポート化することで、生産性向上に加え、HACCPなどに対する正式な書類も整います。主な特長は:

  • プロセス分析:HACCPの要件を満たすよう、プロセスで重要となるすべての管理点を自動計算。
  • 殺菌効果の計算とレポート化:個々のプロセスと製品について、高精度な殺菌効果の計算(F0値)を利用して微生物によるリスクを評価し、最高の食品品質を実現。
  • プロセスの最適化と不具合の発見:オーブンの低温あるいは高温箇所を正確かつ素早く特定して、生産ロスを最小限に。
  • レポート化:検証済みのトレーサブルなレポートを作成して、HACCPの検証に必要な書類を整備。
  • モニタリング:食品に求められる安全な温度に達した時点をPCで正確に監視。

詳しい情報は、 Food Tracker Insightソフトウェアのパンフレット と、レポートサンプル― 標準レポート および 殺菌効果レポート―をダウンロードください。

MultiPaq21データロガー

MultiPaq21データロガーでは、最大8チェンネル(T型またはK型熱電対)を使って、製品や環境温度を1度に8カ所から収集できます。柔軟性のある補償導線を使えば、熱電対を食品内部やその表面、あるいは雰囲気に正確に配置することができます。データロガー自体の熱容量がセンサの応答特性に影響を与えることなく温度を記録できますので、正確な測定が行えます。

このデータロガーは、食品加工アプリケーションにおける最も過酷な条件にも耐えるように設計されており、特殊な防水仕様の熱電対接続は蒸気や水流、定期的な洗浄作業に対する保護として保護等級IP67となっています。

詳しい情報と仕様は、MultiPaq21データロガーのパンフレットをダウンロードください。

耐熱ボックス

航空機のフライトレコーダと同じ断熱技術を採用したDatapaqの耐熱ボックスは、堅牢なステンレス鋼製ケースとして、多年にわたって使える長寿命設計となっています。このDatapaqの耐熱ボックスは蒸気調理や高温な長時間のベーキングに耐え、さっと揚げるときなど、調理システム全体が油に浸される場合でさえ使うことができます。

市販されている他のシステムとは異なり、加工プロセスのなかでデータロガーを保護する必要はありません。耐熱ボックスは加工食品から離れた場所に置くことができるため、その食品の加熱状態にモニタリング機器が影響を与えることはありません。

詳しい情報はFood Tracker用耐熱ボックスのパンフレットをダウンロードください。

熱電対

熱電対(T型またはK型)は防水コネクタとともにご提供しています。金メッキによる接続部は、データロガーに対して保護等級IP67となっており、蒸気や水滴を含む水など、最も厳しい環境でも高い信頼性と精度を保証します。また、異なるタイプの熱電対を併用でき、加工や食品の種類に合わせて交換することもできます。さらに熱電対の補償導線の長さを、プロセスの仕様に正確に合うようカスタマイズ可能です。

詳しい情報は、熱電対リストをダウンロードください。

アクセサリ

食品加工における温度プロファイリングを支援するため、Datapaqでは様々なアクセサリをご用意しています:

Food Tracker無線テレメトリーシステム は、加熱処理中に食品の状況をリアルタイムに確認可能にします。そのため食品加工を行いながら、実際の温度と仕様の温度を比較してサイクルタイムを最適化できます。詳しい情報は、Food Tracker無線テレメトリーシステムのパンフレットをダウンロードください。.

食品トレイおよび熱電対治具 は、コンベア式プロセスにおける温度プロファイリングの繰返し性を保証します。食品トレイは、コンベアの停止や食品加工を中断することなく、利用できます。この食品トレイは、チキンナゲットなどの小さい食品に向けて設計されています。一方、熱電対治具は、大型のパン焼きオーブンやなど幅の広いコンベア式プロセスに向けた設計となっています。 詳しい情報は、食品トレイおよび熱電対治具のパンフレットをダウンロードください。

湿度計 を使えば、最高200℃のもとで湿度も測定できます。このセンサは、ベーキングの検証/証明に最適です。さらに、湿度の測定結果は、オーブン制御の検証や歩留まりの最適化、品質の向上にも有効に活用できます。 詳しい情報は、湿度計のパンフレットをダウンロードください。