English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors for Glass Processing
Thermal Profiling in Automotive Industry

自動車ガラスーウインドウシールド成形及びラミネート

このアプリケーションでは、トラックやバスを含む自動車のフロントガラスを自重で曲げて成形するプロセスが含まれます。所定の形状をした金型の上で板ガラスを粘弾性域まで加熱すると、ガラスは自重によって金型に沿うように曲がります。

アプリケーションに必要なのは 

自動車のフロントガラスに求められる軽量化や透明度の基準が高まっており、ガラスの自重曲げプロセスの制御は以前にもまして重要となっています。しかし、割ってしまうことなく適切に曲げるには、ガラスの温度を均一に保たなければなりません。課題は、炉の中を移動していく製品に対して、完全な温度プロファイルを測定することです。

ガラスの特定部を大きく曲げるには、赤外線温度測定によって、ガラス全体の温度分布を明らかにする必要があります。

お客様のメリットは 
  • フロントガラス全面にわたる加熱の均一性を測定して、炉の設定の最適化を可能に
  • 熱電対による表面温度の直接測定を併用し、あらゆる種類のガラスや表面処理に対して正確に測定
  • 炉内から得られるリアルタイムな測定値によって、新製品に対しても高速なプロセスの立ち上げが可能
  • 常にプロセスの安定性を追跡・管理して、予知保全の計画づくりを可能に
  • 赤外線技術を用いた、ガラスの完全な温度分布のモニタリングとアラーム機能
赤外線温度ソリューション
  • セットアップ時間を最小化
  • 常時、オペレータに温度プロファイルを視覚的に提示
  • 温度目標値を超えた場合にはアラームを出力

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい