English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors for Glass Processing

グラスファイバー

これはコンベア・プロセスとして行う中温アプリケーションです。断熱ボードに用いるガラス繊維の樹脂コーティングの硬化処理などが含まれます。

 

アプリケーションに必要なのは 

ガラス繊維の結合にはバインダを用います。適切に硬化すれば、さらなる加工処理が可能な製品となり、ロール状の断熱材や断熱ボードを製造できます。課題となるのは、そのガラス繊維マットを硬化炉に通しながら、温度を測定することです。

お客様のメリットは 
  • ガラス繊維マットの表面や内部の温度を測定して、全体の硬化を保証
  • 硬化炉の設定を最適化して、オーブンの全幅で均一な硬化を実現
  • メーカー指定の通りにバインダが硬化したことを測定して確認
  • 長期的なプロセス安定性のモニタリング
  • 赤外線温度測定でガラス繊維の粘着性を最適に保ち、スピナの目詰まりを防止
  • 最終的な断熱材製品の高温部に起因した保管場所の火災とその費用損失を防ぐ
赤外線温度ソリューション
  • スピナから排出されるガラス繊維の温度をモニタリング
  • 連続的なビデオ照準によって、オペレータによるプロセス管理を改善可能
温度プロファイリング・システム
  • 製品の内部から表面までを測定でき、全ての硬化プロセスを測定可能
  • 最小サイズのオーブンにも使える薄型ソリューション
  • 通常の生産を中断することなく、入口から出口までの温度分布を測定

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい