English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

真空浸炭における高精度熱処理

うになっています。また、炉で行われるプロセスにはガス冷却(最高圧力20バールの窒素やヘリウム)も含まれ、製品を急冷するために利用されます。最終製品は、主に自動車産業で使われています。

アプリケーションに必要なのは 

様々なチャンバ(加熱・浸炭・冷却)について製品の熱処理サイクルをモニタリングして、CQI-9による均一性サーベイを行うことが重要です。半連続式の炉では熱電対を引き入れてのモニタリングはできません。そのため、定期的なサーベイには内部式のプロファイリング・システムが有効です。

 

お客様のメリットは 
  • 加熱から冷却まで、製品とその周囲の状態をモニタリングして完全に熱処理サイクルを検証
  • 厳格なCQI-9熱処理仕様に準拠
  • OEMメーカーでは、新しい真空浸炭ソリューションの研究開発に利用可能
  • それぞれの顧客向けにトレーサビリティや温度プロファイルに関する資料を作成して、製品が熱処理ガイドラインに準拠していることを証明
温度プロファイリング・システム
  • 専用ソフトウェアとハードウェアのパッケージで、炉のCQI-9準拠を確認
  • 均熱や加圧冷却を含め、製品の全温度プロファイルをモニタリング
  • OEMメーカーでは、特に冷却性など新しい炉の設計でR&Dツールとして活用可能

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい