English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

高温真空熱処理

真空炉での熱処理は、特に酸素分子ですが、大気の介在レベルを最小限に抑えてよりクリーンな環境を整えます。その結果、酸素との反応がない条件で金属を熱処理可能になります。ハイエンドな製品では、清浄でフラックスを用いないため、アルミを始めとする合金のろう付けが好まれています。

アプリケーションに必要なのは 

全プロセスを通じて製品温度をモニタリングすることで、真空炉での均一な加熱を実現し、あらゆる高温点・低温点を特定します。もしプロセスとしてガス焼入れを伴う場合、製品の冷却速度を監視して、その最終的な分子特性を維持することが決定的に重要です。

お客様のメリットは 
  • 加熱から冷却プロセスまで、製品温度をモニタリング
  • 製品への均一な加熱を確立
  • 処理空間内のあらゆる高温点・低温点を特定
  • 新しい製品に向けた条件をもっと効率よく設定
温度プロファイリング・システム
  • 製品バスケット内の低温点・高温点を特定
  • 炉の壁面を通して熱電対を取り付けることなく、温度均一性試験を実行
  • 様々な製品バッチの温度プロファイルを検証して、トレーサビリティのためにドキュメント化

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい