English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

焼結工場

製鉄所の焼結工場では、高炉で使えるように、様々な原料を所定の化学組成と粒度をもった製品へと加工します。その原料としては、微粉鉄鋼石、石灰石、ドロマイトのほか、製鉄ダストやスケール、スラグ片などもあります。こうした材料を混合して、移動コンベア上で加熱します。上側からバーナで熱して、発生したガスを下側から回収するかたちで、全体を完全に焼き固めます。焼結ラインの終端では、出来上がった“シンター・ケーキ”を“クラッシャ”上に吐き出し、破砕と冷却を行います。

アプリケーションに必要なのは 

赤外線ラインスキャナなら、点火炉の精密な制御よって均質性を保つことが可能

お客様のメリットは 
  • 赤外線ラインスキャナなら、点火炉の精密な制御よって均質性を保つことが可能
  • 赤外線ラインスキャナを使って高温部を検出し、高コストなコンベアの破損やそれに伴うダウンタイムを防ぐ
  • 手持ちで簡単に使え、クラッシャ部の温度をスポット的にチェックしてデータを記録
赤外線温度ソリューション
  • 点火炉と焼結鉱クーラをモニタリングし、1台のPCと簡単設定のソフトウェアで可視化
  • PC不要のアラーム用リレーをスキャナに内蔵し、信頼性の高い検知をバックアップ
  • 簡単に取付け可能なアクセサリと、一体化した水冷機能で高温環境にも対応

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい