English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

チューブ及びパイプ製造

鋼管の製造では、シート材を一連のローラと高周波誘導溶接機に通して管状に成形します。溶接機は、金属に力を加えながら、溶接強度が得られるよう十分に高い温度にまでシーム部を加熱します。高周波誘導溶接は、鋼管の製造に広く用いられる溶接方法ですが、その温度制御が品質を維持するうえで極めて重要です。

アプリケーションに必要なのは 

だたし鋼管の製造に用いる溶接は、高周波(HF)誘導溶接のほかにも、電気抵抗溶接(ERW)やTIG溶接(GTAW)、レーザー溶接という合わせて4タイプの溶接プロセスも一般的です。いずれにしても、もっとも高い品質をもっとも速く達成すると同時に、可能な限りエネルギ・コストを低く抑えるうえで、溶接の温度測定が欠かせません。通常、その温度測定値をPLCシステムにフィードバックして閉ループ制御することで、電力やガス消費量を調整できるようにしています。

お客様のメリットは 
  • 高速にフィードバックして調整することが可能なように、プロセス全体にわたって温度をモニタリングし、最新プロトコルで通信
  • 温度の追跡管理とトレンド分析(予知保全と履歴データ)
  • 生産ラインの速度向上に応えながら、最小限のエネルギ・コストで最大限の製品品質を達成
赤外線温度ソリューション
  • ユニット1台で、広い測定温度範囲に対応し、あらゆる溶接や成形アプリケーションにも応える
  • ソフトウェアが、データ収集からトレンド分析、品質レポート作成までサポート
  • ガルバニック絶縁したI/Oチャネル内蔵で、システムの設置コストを軽減

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい