English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Paper Converting

ペーパーの乾燥

製紙工場では、抄紙機を出た紙をいくつかの蒸気加熱ローラを通して乾燥させた後、ロールに巻き取ります。乾燥が十分でない場合には、紙の上に水分が筋状になって現れます。

アプリケーションに必要なのは 

製紙工程での水分量を連続的に測定・管理することが、生産コストや製品品質にとって決定的に重要です。含水率を誤ると、紙の反りを招きます。そのため、低温な場所やラインとなって現れる過剰な水分を検出するうえで、モニタリングやアラーム出力機能は欠かせません。

お客様のメリットは 
  • 応答性の高いラインスキャン技術が、水分の変動を検出
  • 含水量を左右する蒸気式ドラム乾燥機温度のPID制御入力に
赤外線温度ソリューション
  • 高い光学解像度で、リアルタイムな高速サーマル・イメージング
  • Ethernet TCP/IP通信機能をオンボード実装、さらに内蔵のライン・レーザーで素早くアライメント調整
  • 内蔵の高速マイクロプロセッサが、測定データから各ラインにおける各測定点の温度を計算

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい