English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Paper Converting

ペーパーパルプ加工

紙を製造するには、まずパルプを蒸解釜に入れ、セルロースに分解して木材繊維を作ります。このプロセスの副産物としてできる黒液は、回収ボイラ内に噴射して燃焼させますが、ボイラ下部には緑液が残ります。この回収ボイラの燃焼を維持するには約1037°C(1900°F)に保つ必要があります。緑液の水分量が多すぎると、“ブラックアウト”状態を引き起こします。また可燃材料が不足すると、燃焼が失われる状態になります。

アプリケーションに必要なのは 

ボイラ配管部でガス温度をモニタリングして、水配管上へのフライ・アッシュの堆積を防げるほど十分高い温度を保証するには、広い温度範囲に対応したセンサが必要です。

緑液など、ロータリー・キルン内の化学物質の温度は、約1150°C まで上昇します。このキルンの高温部温度や耐火材の過度な摩耗をモニタリングすることが、品質維持や保守にとって重要になります。

お客様のメリットは 
  • ボイラの燃焼安定性に影響を与える黒液の水分量を管理
  • 火炎温度のモニタリングによって、保守コストを抑制
赤外線温度ソリューション
  • 2色モデルのEnduranceは、照準パス制約の影響を受けない
  • 無効な信号を検知すると、ボイラ開口部が完全に塞がれており保守が必要なことをユーザーに通知

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい