English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors in extrusion coating

プラスチック容器

牛乳やオレンジジュースなどの飲料容器からモータ潤滑油の容器まで、多くの液体容器は、まずチューブ状に押出成形されます。続いて、このチューブを所定の長さに切断して金型に入れ、空気を送り込んで容器の形にブロー成形します。

アプリケーションに必要なのは 

このプロセスでは、プラスチック容器の温度が高すぎると熱分解し、反対に低すぎると十分に可塑化(溶融)しないため、特別な温度制御が求められます。そのプラスチックの温度を押出加工機の出口で測定してから、金型に送ることになります。

お客様のメリットは 
  • 容器の適切な厚さ、色、成形性を実現
  • 高い生産性とプラスチックの歩留まりを保証
  • 生産速度を高めて生産量を拡大
赤外線温度ソリューション
  • 正確な温度測定値で、高い製品品質を保証
  • 対応波長8~14µmの専用モデルなら、通常は色や厚さ、化学組成の影響を受けない

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい