English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

XR IR Sensor for high temperature applications

You are here

Raytek® XR

赤外線温度ソリューション

主な特長 
-40°C ~ 1650°C 測定温度範囲
ステンレス・ハウジング(オプション)
アナログ/デジタル出力
小型で堅牢な設計
フィールド・ワイヤリング、簡易接続ワイヤリングの選択可

製品概要

Raytek XR シリーズは連続温度モニター用として設計されました。XR は非常に堅牢で、あらゆるアプリケーションに対応可能なNEMA 4 シールドのシングルピースシステムです。 幅広い温度レンジ、精密な温度分解能、 RS-485 出力を兼ね備え、シングル・センサーの問題解決に役立ちます。オプションでレーザー出力を高分解能のものに変更可能です。セットアップ時間の短縮も可能で、トラブルシュートに最適です。

ソフトウェアをインストールする手間も省略できます。Raytek XR はフレキシブルなアナログ出力を持ち、コントロールシステムにセンサーをインストールすることが可能です。この独自の機能によりプロセスモニターを標準化できます。Raytek XR センサーはお客様の生産性の向上、エネルギーの無駄を防ぐのに役立ちます。

機種 / 応答波長  測定温度範囲 光学分解能 用途
LT (Low Temp)
8~14µm
-40°C~600°C
33:1
印刷、コーティング、ラミネート加工、乾燥/硬化、紙、食品、繊維、カーペット、プラスチック・シート、アスファルト、医薬品
LTHSF (Low Temp)
8~14 µm
-40°C~600°C
50:1
同上
MT (Medium Temp)
3.9 µm
250°C~1200°C
30:1
 金属加工、焼成炉、耐火炉、ガラス表層
G5 (Glass)
5.0 µm
250°C~1650°C
33:1
ガラスの曲げ加工、強化処理、アニール処理、封止処理での表面温度
P7 (Plastics)
7.9 µm
10°C~360°C
30:1
ポリエステル(PET)、フッ素樹脂、テフロン、アクリル、ナイロン(ポリアミド)などのフィルムの製造や加工