English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors for Glass Processing

フロートガラス工程

フロートガラスは、一般にはスズを溶融させた金属槽の上に融解ガラスを流し浮かべて製造した板カラスです。この方法なら、一様な厚さで非常に平滑な表面の板ガラスが得らえます。溶融金属槽から板ガラスを取り出した後は、焼きなまし炉を通して徐々に冷却します。これにより、ひずみが無くなるように焼きなまされ、温度変化してもクラックを生じません。

アプリケーションに必要なのは 

フロートガラス用の炉に関しては、焼きなまし段階での温度モニタリングが決定的に重要です。不適切な焼きなまし温度や急速な温度変化が、不均一な膨張・収縮を招き、ガラス内に好ましくない応力が発生します。これが品質や切断性に影響を及ぼすから。

お客様のメリットは 
  • 複数の領域における焼きなまし温度のトレーサビリティ
  • 板ガラス全体にわたって適切な温度プロファイルが実現し、廃棄率が減少
  • ガラス品質(平面度や切断性)の向上
  • フロートガラス製造機の収益率を向上
赤外線温度ソリューション
  • ガラス全体の温度をリアルタイムにプロファイリングして、連続温度モニタリングと制御を実現
  • “PC不要”の運用で、最大10セクションに対応した冷却ダクトへの直接フィードバック
  • 焼きなまし炉周囲の高温にも対応したアクセサリで設置をカスタマイズ

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい