English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Primary Metals Processing

ボルトの熱処理 ― 水素脆化を防止

金属のボルトは自動車産業や建設業で広く使われていますが、そのボルトを電気めっきした後、熱処理を施して水素脆化を防ぐことが欠かせません。水素脆化は、金属内のボイドにおいて水素分子の圧力が高まり、これが内部クラックや周囲の破断を引き起こしかねない現象です。クラックが進展し始める前なら、1時間以内に部品を酸処理して、金属に吸収された水素をベーキング(脱水素)すれば状態を元に戻すことが可能です。そのためには、ボルトを200℃という目標温度にまで加熱し、製品バスケット内でその温度を4時間保って有害な水素を除去(拡散)しなければなりません。

アプリケーションに必要なのは 

水素脆化によって使用中にボルトが破断するというリスクが生じないように、このベーキング/熱処理プロセス(電気メッキの後)をモニタリングして、有害な水素がすべて拡散するまで確実に加熱する必要があります。そのため、バスケット内の製品が全てのレベルで重要なベーキング条件(温度と時間)を満足しているかを証明できるモニタリングツールが求められます。このような検証データは、規制要件が厳格な自動車産業と建設分野のいずれにも製品を供給可能とするうえで非常に重要です。

お客様のメリットは 
  • 規制への準拠
  • プロセスの速度低下による温度上昇など、製品廃棄率の増加や生産停止につながりかねないプロセスの問題を防止
  • 新プロセスや異なるサイズの製品に対し高精度かつ効率的に最適化でき、各ライン速度が目標温度に対して適切で正しいベーキング条件であることを確認できる
  • フィールドでの製品不具合に対する補償や過剰な建設修理コストの発生リスクを長期にわたり防ぐ
温度プロファイリング・システム
  • Oven Tracker Systemは、ベーキングの全プロセスを安全に通過させながら連続的にモニタリングでき、問題の多い熱電対の引回しが不要に
  • TP3データロガーは最大10チャンネルの測定によって、炉の温度やバスケット内の製品の様々な位置を含め、プロセスを完全にモニタリング可能
  • トレーサブルな検証済み温度プロファイル・レポートで、製品に200℃・4時間の熱処理が必要という自動車産業のCQI-9規格に対する検証が可能

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい