English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

Temperature Monitoring in Paper Converting

押出コーティング

ラミネート処理からエンボス処理への連続加工機では、一般に多数の基材を合わせて加熱・硬化させた後で、片面あるいは両面にテクスチャをエンボス加工して仕上げます。希望の表面仕上げによっては、平滑さや表面の光沢、厚さの均一性を改善するためにカレンダー加工がなされることもあります。このプロセスでの熱エネルギーは、加熱ローラやパネル型の赤外線電気ヒータあるいはガスヒータを使用して与えます。

  • 概要
  • Featured Solutions
アプリケーションに必要なのは 

加熱や硬化、冷却を閉ループ制御するために、プロセスの様々な場面で製品温度を測定する必要があります。また、最終製品として不良個所をロールに巻き取ってしまわないように、エンボス加工に先立ってシート全面の表面温度が均一であることも確認しなければなりません。

お客様のメリットは 
  • 赤外線スポット・センサによって温度を測定して、加熱・硬化・冷却の各プロセスを最適化
  • 赤外線ラインスキャナによって温度を測定して、折り目や破れ、エッジの振れなどを検出し、歩留まりを高める
  • 赤外線ラインスキャナによって、視覚的にシートの温度分布が均一であることをチェック
赤外線温度ソリューション
  • OPCサーバと多数の出力オプションを統合した簡単設定のソフトウェアを用いて、複数のラインスキャナを1台のPCにLAN接続
  • 現場で交換可能な開口窓が各ラインスキャナにスペアとして付属(キャリブレーション不要)
  • 内蔵のレーザー照準で簡単にアライメント調整

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい