English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors in extrusion coating

熱成形

熱成形では、複数枚のプラスチック・シートを適当な温度まで加熱し、金型内壁あるいは外壁へ引き伸ばして成形します。続いて冷却し、金型から取り外してトリミングします。生産する部品は、使い捨てカップから大きな一体型の自動車ボディ・パネルにおよびます。なお、この加工は半連続プロセス(薄いシートをロールから送る)とすることも、断続プロセス(厚く大きい1枚のシートを使う)とすることも可能です。

  • 概要
  • Featured Solutions
アプリケーションに必要なのは 

シートを適切に成形(特に厚いシートで重要)するには、シート全体にわたって均一な温度と十分な熱伝導を実現する必要があります。また、最終製品の温度を測定して、金型から安全に取り外せる温度であるかも確認しなければなりません。

お客様のメリットは 
  • 加熱域に対応したシート全体の温度を複数測定することで、次のシートを加工するための連続的な制御が可能に
  • 加熱サイクル中の温度を測定して、適切な加熱曲線と目標値を確実に達成
  • 成形品の温度測定によって、安全な取外しと傷害のリスクを最小限に
赤外線温度ソリューション
  • 簡単に設定できる柔軟なソフトウェアでシート全体を撮影して、多数のスタイルで出力(OPC、ASCII、アナログ、アラームなど)
  • 独自のソリューションで、回転成型機の熱画像も取得
  • 成形した各シートのトレーサビリティ―保存画像を、全社規模の管理に利用

このアプリケーションに対するソリューションを詳しく知りたい