English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

CS210 Cement Kiln Process Imaging System

Raytek® CS210 サーマル・イメージング・システム

赤外線温度ソリューション

主な特長 
熱材の損失、破損、磨耗による 高温スポットの検知
火炎の位置や形状の異常等 作動異常を検知
キルンの保守管理
キルンと耐熱材の稼動寿命の延長
キルンの主な数値の一元モニター
信頼性の高い光ファイバ通信が電気的な干渉を防止(落雷や接地、EMIの問題など)
3D表示と耐熱材管理ソフトウェアが最大4台のラインスキャナをサポート
影になった部分でも、“ブロック1つ分”の解像度で高温点を検出
フェールセーフ用“高温点”アラームを出力(PCとは独立)
OPCを介して他のプログラムと連携可能
モジュール設計であるため、設置や保守が容易
マルチレベル・セキュリティ設定

製品概要

CS210はキルンのモニター用システムです。回転キルンをモニターして高温スポットを検出し、不測のダウンタイムを防ぐのに役立ちます。オプションのアクセサリをお使いいただくことで機能が拡張され、バーニング・ゾーンのモニター、タイヤとファンの制御も可能です。

CS210はキルンの端から端までの外壁温度をモニターしますので、耐熱材の状況が分かります。個々のポイント・センサが、メイン・センサから「隠れている」部分の温度データを調べ、それをひとつの完全なイメージ画像に統合します。

キルンの外壁の連続モニターが可能な頑丈さと信頼性

MP150は世界で最も広く使用されている赤外線ラインスキャナです。砂漠から熱帯雨林にわたる厳しい環境下で使用され、信頼性を高めています。MP150HRは最先端の光学機能、先進のマイクロプロセッサ・エレクトロニクス機能、信頼性の高いモーターを備え、信号処理、データ保存、データ通信機能が1台に集約されています。
また、MP150HRは、極度の厳しいキルン環境においても作動の信頼性を確保するため、ハウジングが頑丈なアルミ・ダイキャストでできており、さらにそのハウジングはエア・パージや水冷の備えのある頑丈なステンレス製の保護ハウジングに入っています。

DataTemp® CS210システム・ソフトウェア

ユーザー・フレンドリーなWindows®用DataTemp CSソフトウェアが、簡単な設定と立上げをサポートします。このCSシステム・ソフトウェアは、一般のPC上で標準EthernetやCOMポートを用いて運用できます。そのGUIは、キルン用に特別に設計されているため、オペレータのトレーニングもほとんど必要なく、簡単に設定して使用可能です。

また、オプションの3D表示モジュールとRefractory Managementソフトウェアを使えば、組込みのRefractory Managementデータベースを通じてキルンや耐熱材を追跡管理できるうえ、簡単な操作で3D表示によるリアルタイムな可視化も可能になります。