English | Deutsch | Español | Français | 简体中文

IR Sensors in extrusion coating

Raytek® ES150 薄膜フィルム専用パッケージ

赤外線温度ソリューション

ES150 Thermal Imaging System for Plastic Sheet Extrusion
主な特長 
シートのうねりやピンホールを 自動で検知
熱異常個所を検知
薄膜フィルムと支持フィルムの 適切な温度をモニター
生産性の向上
品質のモニター作業を自動化
領域内の温度を自動的に解析
スクラップの減少
アナログあるいはデジタル出力オプション

品概要

シート押出し、キャストフィルム加工(フレキシブルリップなど)のために開発された薄膜フィルム専用のパッケージ製品です。
ダイのヒータ数に対応した数のセクタを設定し、ヒータの温度を個別に管理することにより、ダイの詰まりやヒータの異常を即座に検知。また溶融プラスチックの温度や粘度のばらつきを監視することにより、フィルムの裂け、溶け、ピンホールなどの異常を検出します。ダイまたはフィルムの温度分布が、設定されたセクタごとにアナログ出力できるため、ヒータの温度をリアルタイムに調節することができます。

ES150シート押出加工用システム・ソフトウェア

ES150システムでは、指定のシート領域に応じて任意の数のセクタを定義できます。これらのセクタは、名前や位置、セクタ部の処理に必要な温度データ(平均、最高、最低温度など)によって定義します。

こうした機能は、シートやキャスト・フィルムの押出加工で非常に活躍します。セクタを設定して、ダイの各ボルト・ヒータをそのセクタに応じた温度にできるからです。また、アラームが生じた場合には、発生時刻やアラーム持続時間、欠陥の位置を示す情報が自動的にセーブされます。アラーム・トリガが発生すると、温度測定ライン500本分がアラームのログファイルに自動的に記録されます。